心身の健康から始まるワークライフバランス【ダイエット、恋愛相談、自己啓発、コミュニケーション】悩みを突破する自分らしいハッピー研究所<ゲンキポリタン>が毎日ハッピーを支援。






今すぐご登録くだささい。 【無料】ニュースレターで収益倍増情報をお届けします。

名前:
メール:
本文:



検索フォーム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロポーズの言葉



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

サカイミノル

Author:サカイミノル
マートワンは幸福生産性の向上で意欲的な会社づくりを支援するクレドの総合コンサルティング会社です。
夢を実現するヒント、逆境を乗り越えるヒント、自分を知るヒントもお伝えしています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カラダ・デザイン 3ヶ月で美しく10kg痩せる方法 6
ウェルネス

ワークライフバランスを声高に訴えても、身体が悪くなれば病院に行き、医師の診断にまかせクスリを飲む。時間がないことを理由に食べ物は出来合いのもので済ませる。何でも買えるから買う。掃除だって電話一本でしてもらえる。こんな調子で任せられるものは全部人まかせにしておいて、自分らしいライフスタイルを築くなどということはあり得ないのです。

自分らしいライフスタイルは、自分自身が築かない限り得られないのが本当で、同時進行で持ち時間を工夫するからワークライフバランスが完成するのです。

ウェルネス

まず自分について必要なことを十分知らなかった点を自己認識することが、ワークライフバランスへの入口であり、その最初の扉は自然なウェルネスライフへの目覚めることです。

ウエルネス(Wellness)とは、世界保健機関(WHO)が国際的に提示した健康観のことで健康的な日常生活を送るための概念です。一般にイメージする「健康」をさらに深く広範囲に捉えたうえで、運動を日常生活に取り入れ「生活科学」という領域に引き上げました。

なにもしないで健康は手に入りません。
健康とはなにか?
具体的に言うと死ぬまで自分の脚で歩き続けられることです。歩ける身体を作るために不可欠なのが食事です。

ウェルネス

ウエルネス(Wellness)という概念では運動を日常生活に取り入れ「生活科学」という領域に引き上げたと先に述べました。
確かに運動は大切ですが、なにより現在の身体は食事の結果だということを忘れるわけにはいきません。

人間の身体は食物でできています。その証拠に運動で身体を作ろうとすると膨大な時間が必要です。食のコントロールが断然早いのです。その上で運動なのです。

それを間違うと運動しているから少々食べても大丈夫という錯覚をしてしまい、健康を手に入れることができなくなります。

医学的に言うダイエットと俗に言うダイエットは同じではないのです。
俗に言うダイエットは見た目中心ですが、医学的に言うダイエットは健康中心です。
もちろん重なる部分があるので誤解しやすいのですが、痩せれば満足してしまうそれと、血管やコレステロールに気を配るそれは異質なものです。
ジムで運動して痩せてスマートになっても血管はボロボロということはあるのです。


「人は血管とともに老いる」と言います。動厳硬化の危険性はとかく高齢者の問題として注目されますが、実際には食生活やストレスから、すでに若年期から始まっています。戦地に赴いた兵士にあっては22歳にして78%の人が使い古したゴムのような血管を持つ動脈硬化に陥っていたのです。

驚きはこれだけではありません。冠動脈のアテローム硬化、つまり動脈の内膜で生じる硬化が幼児期から始まっているのです。血管は外膜、中膜、内膜から成り立っていますが、この内の内膜がつやつやの肌の下で起こっていると考えると、外見と内側のギャップに違いの愕然とします。

動脈硬化は外膜、中膜、内膜、の三層で起こりますが、内膜の硬化を引き起こすのが成人病の天敵と呼ばれる悪玉コレステロールなのです。

コレステロールを薬で減らすのが西洋医学のやり方ですが、実は歩くことで血流を良くして除去することができるのです。

もちろん食べ物をコントロールすることはもっとも重要な方法であることは言うまでもありません。

運動重視の方は、少々食べても運動で防止できると、優先順位で間違えてしまうのです。
まず食の継続できるコントロール、継続できる運動として歩く、その上で週に2回程度の家でもできる程度の負荷をかけた運動です。


ウェルネス
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://genkiporitan.blog135.fc2.com/tb.php/394-2300477c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。