FC2ブログ
心身の健康から始まるワークライフバランス【ダイエット、恋愛相談、自己啓発、コミュニケーション】悩みを突破する自分らしいハッピー研究所<ゲンキポリタン>が毎日ハッピーを支援。






今すぐご登録くだささい。 【無料】ニュースレターで収益倍増情報をお届けします。

名前:
メール:
本文:



検索フォーム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロポーズの言葉



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

サカイミノル

Author:サカイミノル
マートワンは幸福生産性の向上で意欲的な会社づくりを支援するクレドの総合コンサルティング会社です。
夢を実現するヒント、逆境を乗り越えるヒント、自分を知るヒントもお伝えしています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チームワークに自分のあるべき姿を知る
チームは一の集まり。つまり個人が集まりです。優れたチームとは優れた個人の集まりですが、言い換えると優れた個人にすることが、いいチームにする基礎です。徹底した一へのこだわりの集積なのです。「一」は、すべての始まりであり、すべてのゴールです。そしてチームワークは、すべてのひとりひとりの始まりであり、ゴールなのです。

「一」を辞書で引いてみると、たくさんの意味があります。自然数の最初の数、いくつかのうちのひとつ、最も優れたこと、物事の最初、ただひとつ・・・etc。(英語のONEも、ほぼ同じ意昧を持っているのが興味深いです)

チームワーク(Teamwork)というと、人の関係性を注目にする方が多いようですが、そうでしょうか?

仲良しグループではありませんから、メンバー間のトラブルもなく、仲良く仕事をしているのが、チームワークのいい状態とはいいません。

管理者は人を使って目標を計画の実行によって達成するのが仕事です。目標を達成するために人が集められました。ですから人が集まって、みんなでなんとなくやろうではなく、みんなで手分けしてやろうというのがチームワークです。つまりチームワークとは分業で目的・目標を達成することができることです。 目的・目標を達成できないチームは烏合の衆でしかなく、チームになっていない状態なのです。ですから部門の長、マネジャーや店長など、管理者はチームワークを機能させることに、最大の関心と注意を払わないとなりません。

野球をしたこのない者が集まってプレイしてもチームワークにはなりません。なぜなら、自分のポジションを守りきることができない烏合の衆だからです。
そこで訓練をしてスキルアップを図りますが、これには相応の時間がかかります。チームワークを成立させるには、訓練、教育、命令・指示が必須条件になります。つまり分業が成立する条件は、各自が指示されたことを達成できることになります。それがチームワークです。

どんな状態がチームワークのいい状態なのでしょうか?

ひとりひとりが、自分の役割を完全に果たしている状態
自分の役割をこなせない人のために他の人がサポートしなくてもすむ状態


チームワークの良い状態とは磨かれた「一」が機能している状態です。チームワークはサッカーや野球のチームと同じく目的を達成するのが前提です。スポーツ でも企業活動でも、共通の目標である勝利を勝ち得るためには、各人のスタイルやものの考え方、立場や生活の背景がどうであれ、互いに尊重し合い、きっちり自分の仕事をすることが、正しいチームワークの姿です。自立した個性のぶつかり合いがあるからこそチームワークですし、チームワークのダイナミックさです。

あなたの会社やお店では 、人と違うことや目立つことを恐れ、右へならえ的に同一行動をとり、仲良しサークルのように振る舞うことが、チームワークとされていませんか?

ところが仲良しサークルのように振る舞っているのも、実はそうしたいからではなく、互いの不勉強をフタをして隠すため、無意識に出来た陰湿な秘密結社の場合が多いのです。
ですからある種の人々にとっては、心地よいものにもなります。それならそれでいいからそれでいいじゃないという考えもありますが、長い目で見ると百害あって一利なしです。
なぜなら、各自が指示されたことを達成できない状態では目的も目標も達成できないからです。自分の役割が果たせない集団が幸福であるはずはありません。働く人が不幸になるような仕組みには断固ノーなのです。


チームワークは、みんなでやっていこうではなく、みんなが自分の役割を果たせることです。そこには自ずから行動を起こす文化、卓越することを求める文化を賞賛する良識と良心が働いています。つまり自由の概念と同じです。自由とは勝手気ままなことをするのではなく、良識と良心を自ら働かせることなのです。大リーグなんか観ていると選手も観客もそうだということがよくわかります。

チームワークは自己研鑽を基本にした、意見を意見として交わせる集団でなければなりません。チームワークは、チームワークを意識して作っていこうという「モラル」「マナー」、つまり自ら自分の役割を果たせるように自己研鑽していく姿勢が大切なのです。
良いチームワークが創造できる管理者なら、現在以上の利益を生み出せます!

チームワークの良い状態とは

ひとりひとりが、自分の役割を完全に果たしている状態
自分の役割をこなせない人のために他の人がサポートしなくてもすむ状態

どうして、 手伝われることが、なぜマイナスになるのでしょうか?
手伝うことは、マイナスどころか罪悪です。次のような理由からです。


手伝われることによって、不足している知識、経験が上司に理解されなくなるので、 必要な追加(補足)教育が行われなくなってしまいます。
本人のスキル不足がそのままになり、発展のないまま継続されてしまいます。
手伝ったほうは、本来なら休息できる時間、あるいは次の作業ができなくなってしまうので、サボったのと同じ状態になります。
手伝った側が自分のレベルアップが図られないため、チーム全体がスキル以下の作業しかできなくなります。

チームワークを機能させるために次の点に注目しましょう!
ひとりひとりが計画にそって指示・命令された役割分担を遂行できるビスネススキルを身につけなければなりません。
ビジネススキルを身につけるには時間がかかります
役割分担を遂行できるスキルを持ったエキスパートを、 企業内に育て上げなければなりません。
役割分担を遂行できるスキルを持ちたいと思うポジティブな人が必要です。
自己育成を図らず、目先の気楽さと安逸さを追い求める「勤め人」根性タイプの人に不向きです。
具体的な指示が、明示されないとチームの各人が「自分なりにこれが仕事だろうと感じたこと」を やっているにすぎない状態になります。
役割分担を帰納させするには上司からの部下への命令と部下から上司への報告が不可欠です。

管理者の手腕による影響は大で、ひとりひとりのスキルアップなしには、働く人を幸福にするチームワークは機能しないのです。チームワークとはひとりひとりが目標達成のできるプロの集まりなのです。すべてのひとりひとりの始まりであり、ゴールなのです。自己実現サービスAGARI
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://genkiporitan.blog135.fc2.com/tb.php/344-0b6b1f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。