心身の健康から始まるワークライフバランス【ダイエット、恋愛相談、自己啓発、コミュニケーション】悩みを突破する自分らしいハッピー研究所<ゲンキポリタン>が毎日ハッピーを支援。






今すぐご登録くだささい。 【無料】ニュースレターで収益倍増情報をお届けします。

名前:
メール:
本文:



検索フォーム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロポーズの言葉



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

サカイミノル

Author:サカイミノル
マートワンは幸福生産性の向上で意欲的な会社づくりを支援するクレドの総合コンサルティング会社です。
夢を実現するヒント、逆境を乗り越えるヒント、自分を知るヒントもお伝えしています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チームワークに自分のあるべき姿を知る
チームは一の集まり。つまり個人が集まりです。優れたチームとは優れた個人の集まりですが、言い換えると優れた個人にすることが、いいチームにする基礎です。徹底した一へのこだわりの集積なのです。「一」は、すべての始まりであり、すべてのゴールです。そしてチームワークは、すべてのひとりひとりの始まりであり、ゴールなのです。

「一」を辞書で引いてみると、たくさんの意味があります。自然数の最初の数、いくつかのうちのひとつ、最も優れたこと、物事の最初、ただひとつ・・・etc。(英語のONEも、ほぼ同じ意昧を持っているのが興味深いです)

チームワーク(Teamwork)というと、人の関係性を注目にする方が多いようですが、そうでしょうか?

仲良しグループではありませんから、メンバー間のトラブルもなく、仲良く仕事をしているのが、チームワークのいい状態とはいいません。

管理者は人を使って目標を計画の実行によって達成するのが仕事です。目標を達成するために人が集められました。ですから人が集まって、みんなでなんとなくやろうではなく、みんなで手分けしてやろうというのがチームワークです。つまりチームワークとは分業で目的・目標を達成することができることです。 目的・目標を達成できないチームは烏合の衆でしかなく、チームになっていない状態なのです。ですから部門の長、マネジャーや店長など、管理者はチームワークを機能させることに、最大の関心と注意を払わないとなりません。

野球をしたこのない者が集まってプレイしてもチームワークにはなりません。なぜなら、自分のポジションを守りきることができない烏合の衆だからです。
そこで訓練をしてスキルアップを図りますが、これには相応の時間がかかります。チームワークを成立させるには、訓練、教育、命令・指示が必須条件になります。つまり分業が成立する条件は、各自が指示されたことを達成できることになります。それがチームワークです。

どんな状態がチームワークのいい状態なのでしょうか?

ひとりひとりが、自分の役割を完全に果たしている状態
自分の役割をこなせない人のために他の人がサポートしなくてもすむ状態


チームワークの良い状態とは磨かれた「一」が機能している状態です。チームワークはサッカーや野球のチームと同じく目的を達成するのが前提です。スポーツ でも企業活動でも、共通の目標である勝利を勝ち得るためには、各人のスタイルやものの考え方、立場や生活の背景がどうであれ、互いに尊重し合い、きっちり自分の仕事をすることが、正しいチームワークの姿です。自立した個性のぶつかり合いがあるからこそチームワークですし、チームワークのダイナミックさです。

あなたの会社やお店では 、人と違うことや目立つことを恐れ、右へならえ的に同一行動をとり、仲良しサークルのように振る舞うことが、チームワークとされていませんか?

ところが仲良しサークルのように振る舞っているのも、実はそうしたいからではなく、互いの不勉強をフタをして隠すため、無意識に出来た陰湿な秘密結社の場合が多いのです。
ですからある種の人々にとっては、心地よいものにもなります。それならそれでいいからそれでいいじゃないという考えもありますが、長い目で見ると百害あって一利なしです。
なぜなら、各自が指示されたことを達成できない状態では目的も目標も達成できないからです。自分の役割が果たせない集団が幸福であるはずはありません。働く人が不幸になるような仕組みには断固ノーなのです。


チームワークは、みんなでやっていこうではなく、みんなが自分の役割を果たせることです。そこには自ずから行動を起こす文化、卓越することを求める文化を賞賛する良識と良心が働いています。つまり自由の概念と同じです。自由とは勝手気ままなことをするのではなく、良識と良心を自ら働かせることなのです。大リーグなんか観ていると選手も観客もそうだということがよくわかります。

チームワークは自己研鑽を基本にした、意見を意見として交わせる集団でなければなりません。チームワークは、チームワークを意識して作っていこうという「モラル」「マナー」、つまり自ら自分の役割を果たせるように自己研鑽していく姿勢が大切なのです。
良いチームワークが創造できる管理者なら、現在以上の利益を生み出せます!

チームワークの良い状態とは

ひとりひとりが、自分の役割を完全に果たしている状態
自分の役割をこなせない人のために他の人がサポートしなくてもすむ状態

どうして、 手伝われることが、なぜマイナスになるのでしょうか?
手伝うことは、マイナスどころか罪悪です。次のような理由からです。


手伝われることによって、不足している知識、経験が上司に理解されなくなるので、 必要な追加(補足)教育が行われなくなってしまいます。
本人のスキル不足がそのままになり、発展のないまま継続されてしまいます。
手伝ったほうは、本来なら休息できる時間、あるいは次の作業ができなくなってしまうので、サボったのと同じ状態になります。
手伝った側が自分のレベルアップが図られないため、チーム全体がスキル以下の作業しかできなくなります。

チームワークを機能させるために次の点に注目しましょう!
ひとりひとりが計画にそって指示・命令された役割分担を遂行できるビスネススキルを身につけなければなりません。
ビジネススキルを身につけるには時間がかかります
役割分担を遂行できるスキルを持ったエキスパートを、 企業内に育て上げなければなりません。
役割分担を遂行できるスキルを持ちたいと思うポジティブな人が必要です。
自己育成を図らず、目先の気楽さと安逸さを追い求める「勤め人」根性タイプの人に不向きです。
具体的な指示が、明示されないとチームの各人が「自分なりにこれが仕事だろうと感じたこと」を やっているにすぎない状態になります。
役割分担を帰納させするには上司からの部下への命令と部下から上司への報告が不可欠です。

管理者の手腕による影響は大で、ひとりひとりのスキルアップなしには、働く人を幸福にするチームワークは機能しないのです。チームワークとはひとりひとりが目標達成のできるプロの集まりなのです。すべてのひとりひとりの始まりであり、ゴールなのです。自己実現サービスAGARI
スポンサーサイト

継続できないには理由がある
ライフスキル講座

人は仕事だけしているわけではなく、いろんなことをして、仕事から注意が離れる環境で暮らしています。ですから都度、仕事に意識を戻す作業が絶対に必要なのです。それには注意が離れる前に戻したとき、ポジティブな気持ちになれるような状況をキープし続けることが必須です。優れたマネジャーは、この点で長けています。必要なタイミングでコミュニケーションをとり、部下のひとりひとりを最高のモチベーションレベルに引き上げます。「今日も昨日のようにやればうまくできる」と思わせる技術・・・それがマネジメントです。

「只管打坐」・・・・「しかんたざ」。ひたすら坐禅することを言いますが、その真意は「ひたすら、いまこの瞬間に打ち込んでいることが幸福」にあります。只管打坐の重要な点は、 ただひたすらになるまで、ただひたすらに坐禅をすること。つまり余計なものを全部そぎ落として行く点にあります。心配事や余計な意識を全部取り除きひたすら集中できるように持って行く。それがマネジャーの才覚です。

継続はそこから生まれます。「今日も昨日のようにうまくできない」と思う状態なら、研究者を除けば、継続させないことが必要なのです。「今日も昨日のようにうまくできないが継続しろ」というのは間違いを続けなさいという意味に他ならないのです。


継続のポイントは、まず全体を把握することです。と、いっても全体像には2通りあります。
ひとつは、そのことは完成するタイプ。もうひとつは、そのことは進化が続きエンドレスのタイプ。完成するタイプとは、プロジェクトとかキャンペーンというのがそうです。
エンドレスの場合は一応の区切りをつける必要があります。一般のビジネスはほとんどエンドレスですが、年度決算がありますので、これが区切りになります。

これでどちらのタイプも全体のスケジュールをイメージできるので、全体をいくつかのステージに分けてコンパクト化できます。年度決算を目標にすれば一年が最終目標、4半期ごとにステージを区切ると3ヶ月ごとに目標が設定できます。さらに3ヶ月を1ヶ月の目標に設定でき、1ヶ月を10日単位の目標設定にすると、さらにコンパクトになります。一般にはこんな感じでしょう。これで全体が把握できます。

さて、いよいよ、ここからが、継続対策です。

一番ロングランな年度決算を目標にした場合で説明します。まず最初の10日間。ここでなにがなんでも目標の2倍程度の結果を出します。

ダイエットに置き換えるなら、3ヶ月で10Kg減量したい場合、9旬間ありますので、1旬間なら1kgちょっとでいいのですが、何がなんでも2Kgの減量を実現します。これが以後の基準になります。と、いってもそんなに無理はできません。1kgちょっと以上を確実に達成するためです。常に目標のペース以上を達成している状態を維持します。期間中、つきあいもあり酒宴に参加することもあります。思わぬインパクトの強いストレスを受ける場合もあります。こういうネガティブな要素を全部考慮しておく必要があるので、常にハイペースであることが必須なのです。

飛行機は離陸のときに一番エネルギーを使います。後は水平飛行、ゆるやかなアップダウンです。これと同じ要領です。

最初の10日間でなにがなんでも目標の2倍程度の結果を出すには、どうしたらいいのでしょう。飛行機が離陸のときに乗客も含めて緊張感をもって集中するように、緊張感のある集中が必要なのです。職場に置き換えると、自分たちが何をどのようにいつまでにしようとして、自分たちがどうあるべきなのかを徹底するのです。つまり5W!Hとひとりひとりの在り方について言葉で説明できなければいけません。しかし実際には言葉で説明できない管理者も少なくないのです。説明できないと部下は説明、指示がなかったのと同じ状態になります。継続するべきものの質が最初から悪いということになります。離陸の時に結果が出ないと失墜します。とにかく離陸を成功させます。成功の絶対条件です。

つまり事前準備にかかっています。事前に失敗する要因がないか見つけて手を打っておきます。予測できる失敗が起こるとどうなるか、その因果関係も含めて手を打っておきます。

部下を持たないマネジャーの場合も同じです。自分が継続できない、つまり思うように進まない状態に陥らないように手を打っておくのです。それには、どうすればうまく出来るのかを知っておく必要があります。テストの必要です。テストでこうすればできるという結果を出しておき、本番ではPDCAで微調整していくのです。本番でPDCAを繰り返す規模が大きいというのは、分からないまま取り組んでいることを意味します。「PDCA×時間」ということを忘れていると、バタバタしてペースが乱れるのは必至です。

テストすらできない場合では、どうすればいいのでしょう。通常計画は、その通りやれば達成できるというものでなければ意味がありません。実行計画が提出され、その内容の説明を受け、信憑性があれば、合意の上、受理します。もし達成不可能と判断したなら、その計画の受理は拒否するのが正しい仕事のありかたです。もしそこで「どうなるか分からんがやってみよう」ということであれば継続できないことも受け入れざるを得ないのです。結果が伴わなければモチベーションも下がるのは必至です。それでも頑張れということになると精神論で突破せよというのと同じです。ムチを入れたら結果が出る仕組みがないのに、ムチを入れるとチームは分解の危機に至ります。

実行計画の精密度、それを裏付けるのがテストです。これが共にない場合、継続は困難になります。対象が研究者とかいうのであれば話しは変わりますが、ある一定期間に成果を出す事が求められるビジネスマンに研究者と同じスタンスで臨むわけにはいきません。

あなたが起業するなら、起業前に、実行計画の精密度、それを裏付けるのがテストは必ずやっておくべきです。部門長なら取り組む前にテストをしてから、実行計画を策定すべきです。つまり技術的な問題と意欲の問題は別の問題であり、実行段階でひとつに練り上げてプロセスを進めていくのがマネジメントなのです。

人は仕事だけしているわけではなく、いろんなことをして、仕事から注意が離れる環境で暮らしています。ですから都度、仕事に意識を戻す作業が絶対に必要なのです。それには注意が離れる前に戻したとき、ポジティブな気持ちになれるような状況をキープし続けることが必須です。「今日も昨日のようにやればうまくできる」と思わせる技術・・・それがマネジメントです。継続はそこから生まれます。「今日も昨日のようにうまくできない」と思う状態なら、継続させないことが必要なのです。「今日も昨日のようにうまくできないが継続しろ」というのは間違いを続けなさいという意味です。

ライフスキル講座

パーソナルマネジメント力
ライフスキル講座

パーソナルマネジメント力は、あなた個人、あるいはあなたのチームの夢、目的を実現する能力です。目的を明確にし、時間管理のスキルを身につけて、行動を続けて、自分のアプローチを改善しながら、目的を達成します。ところがこの意識的な力を発揮させない闇の力が自分に潜んでいます。そのために思うように進まないという不条理と人生の大半を使ってしまいます。ここでは闇の力をくじく在り方について考えてみます。

禅の言葉に「喫茶去」があります。「きっさこ」と読みます。一杯のお茶をいただくときにも無心になって喫するという意味です。一瞬の積み重ねが人生になります。私たちは日常をありきたりと位置づけイベントに刺激を求めますが、実際は淡々とした日常にこそ、もっとも刺激的なテーマが潜んでいて、その解決こそ「大事」なのです。イベントに胸躍らせ、走り回っていることは自分で不満と未解決を生み出して、一生の大事からどんどん遠のいているようなものなのです。

人間の幸福とはなにか、人によって違ってよいのですが、究極の幸福は「なれる最高の自分になる」に行き着きます。つまり最大のイベントは「なれる最高の自分になる」であるといっても過言ではありません。

知識レベルで、アサーション、アサーティブ、アサーティブネスが認識されるのとは裏腹に、情報化がどんどん進むにつれ、人間が記号化される傾向が強まっています。どんどんアサーション権が疎かにされていて、ストレスが増える傾向にあります。



たとえばランキングが大流行りです。いったいどんな根拠があるのか、基準さえ分からないままにランキングがマスメディアに登場します。数字で判断することは大切ですが、科学的であってこそ意味があるのと、数字に隠れた背景を読み取る技術も必要です。
政治はその最たる事例で、支持率に振り回され、数字を恐れて機能不全に陥っています。このような動きはアサーションな活動とは反対のポジションにあります。



人は記号ではありません。
つまり成功の意味は人によって違います。WINは人によって違うのです。個人が自分の地位、立場、財力などと関係なく、物事を成し遂げる能力を発揮するには、 成功の意味が明確でなければなりません。物事を成し遂げる能力つまりパーソナルマネジメント力は 難しい状況に直面しても、力強い行動を取り続ける能力であり、成功者の何よりもの共通点です。それを証明する意味でも、人間に関する12の真実に目を向けて見ましょう。


人間に関する12の真実



・誰もが最も必要としているのは、「受け入れられる」ことだ。

・誰もが最も恐れているのは、「拒絶される」ことで、そこから生じる「見捨てられ感」に恐怖心を持っている

・誰にでも「外面」と「内面」がある。

・人を動かす、心を動かすには、まず存在と価値観を認めることだ。

・相手の自尊心を傷つけるようなことをして互いに得になることはない。

・自分に好意を持っている人に好感を持つ、信じて頼る

・誰でも直近から、かなり先の未来まで、未来全般に対して「自分はどうなるのか?」という不安を持っている。

・だから変化を好まないのが一般的だ。

・誰でも自分にとって大事な個人的を考え、話したがる

・一般的な人の特長として、自分が理解できることだけを傾聴し受け入れることができる。

・人は一般的に合理性を追求しているにもかかわらず、はっきりした理由がなかったり、論理的な説明が出来ないことを考えたり、行動する

・実にくだらないと思える人間はすべての層に存在している。

こういういった特徴から、はっきり伺えることは、人間は合理的な生き物でないということです。「外面」に隠された「内面」があり、日常的に行われている交渉で見せる合理的な要求の向こう側に、非合理な人間性が隠れています。
正しいとか、理屈だけでは解決できないことが少なくないのは、表面化した要求(なにをどうしたいのか)以外に隠された要求、つまり感情(なぜ、そうしたいのか)が潜んでいるからです。

「なぜ?」の向こう側にある切実の中心である「自分は価値ある者と思いたい」に応えること、どんな場面でも感情を否定しないことがとても大事なのです。
相手が誰であろうと、この事実を無視して感情を否定することは、交渉を断絶することとほぼ同義語なのです。実際は事態はもっと深刻で、交渉の入り口で失敗することも起こり得ます。

WIN-WINを実現するために、人間の真実を大切にすることが、じぶん力、人間関係力を強化する前提条件だと意識しましょう。

人間関係力とは、実は自分自身とコミュニケーションするときにも必要なスキルです。人は他人のことは分かりますが、自分のことは分からないもの。しかし自分も人間ですから、自分もまた 人間に関する12の真実を抱えている弱い者なのです。それを常に意識して自己管理することがパーソナルマネジメント力を拡張させていく基本なのです。

パーソナルマネジメント力を拡張するには、具体的な目標に向かせることが必要になります。人は誰でも意識を行動に変換しない限り、なにも起こりません。行動こそがすべてなのです。しかし人生は時間といっても過言ではありません。つまり限られた時間のなか必要な行動をするのです。

自分の目的を明確にし、時間管理のスキルを身につけて、行動を続けて、自分のアプローチを改善しながら、目的の達成に向かっていくのです。人間に関する12の真実を越えて自分の真実を創造するのです。それが「なれる最高の自分になる」ということであり、そのプロセスは結果の違いをもたらす行動の違いの発見と実行なのです。

ライフスキル講座




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。