心身の健康から始まるワークライフバランス【ダイエット、恋愛相談、自己啓発、コミュニケーション】悩みを突破する自分らしいハッピー研究所<ゲンキポリタン>が毎日ハッピーを支援。






今すぐご登録くだささい。 【無料】ニュースレターで収益倍増情報をお届けします。

名前:
メール:
本文:



検索フォーム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロポーズの言葉



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

サカイミノル

Author:サカイミノル
マートワンは幸福生産性の向上で意欲的な会社づくりを支援するクレドの総合コンサルティング会社です。
夢を実現するヒント、逆境を乗り越えるヒント、自分を知るヒントもお伝えしています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分に合った生き方を見つける
ライフスキル

人は、他人の価値観、マスメディアのアプローチに関係なく、自分に合った生き方をすればいいと思います。自分に合った生き方とは自然界の秩序にそって働けばいいのです。得意分野では、人は最高の働きをすることができるものです。そうすると、いろいろな点でその努力が報いられる可能性は高まります。失敗する可能性も激減します。

しかし、それをしていないからと言って、会社員であれ、経営者、経営幹部であれ、毎日やっていることが報酬を得るための単なる仕事やキャリアを積むための一歩だと考えていたら、それを自分の成長や豊かさのために活用することはできません。一日がひどく退屈で、フラストレーションのたまるもとになり、強制的にやらされている、味気のないものだと感じていたら、毎日の仕事に潜んでいるチャンスを効果的に活かすことはできず、すぐ傍にある思わぬ幸運にすら気がつかないかもしれません。

しかし活気のある精神が集中力を増しフローの体験を一度でも味わった人なら、人間には本来、集中力がそなわっていることを知っています。考えても仕方のないことに惑わされずに、気が散らない状態で仕事に夢中になること、深く没頭することなど、それぞれの仕事への取り組み方による注意深さがあれば、私たちはつねにいまここにいることができるのです。

この状態では気が散らないのでエネルギー、創造力、生産性などは落ちることがありません。気はパワーであり、深遠なる気づきの状態です。このような状態で働く人には、クリエイティブな力がもたらされます。なぜなら、全力を尽くすと、人生の目的が見つかるからです。自分が人生をコントロールしている感覚を味わうことが可能になります。もし人生をコントロールしている感覚を味わえないとしたら、まだ全力を尽くしていないのです。

「結末が見えない状態で、不安と恐怖のあるなかで、切り詰めた生活を強いられたら、何を好きなのか、それを確かめる余裕も勇気もなく、どうやって気に入った仕事が見つけられると言うのだ」と、考えるかも知れませんが、この疑問に対して答えを探し求めているのなら、どうぞ、この講座を進めてください。

必ず自分にあった生き方が見つかるはずです。そして、人生に意味のある参加をしているのだという実感をもち、生活費もきちんと賄うことができ、高い報酬を受けとることができるようになるでしょう。不平不満、愚痴を手放し、自分の価値を知り、挑戦を恐れず、クリエイティブに行動すれば、やりたい仕事の『住処」を教えてくれるあなたの中にいる宿主に出会うでしょう。

ライフスキル講座

ライフスキル講座

ライフスキル講座
スポンサーサイト

自分にできることをしてメガ・ハッピー
ライフスキル講座

人生にはMEGA HAPPYがあります。それを経験すると、しないでは人生は全く違うものになります。

私たちは努力すればいいというものではなく、自分にできることとできないことがあることを認識しておくことが大切です。

判断、選択、決断、実行というものは自分にできることです。決断は人間が持っている最大のエネルギーであり、選択の自由の表れです。自分自身で夢を選ぶことができます。行動することを選ぶことができます。あきらめないことを選ぶことができます。それらの選択は、自分の手の中にあります。

しかし、自分にできないこともあります。
他人に主体性があることは、他人が判断、選択、決断、実行することなので、影響を与えることは出来ても、自分にはできません。たとえば自然環境がその例です。

ですから、まず第一の焦点を合わす時には、自分にできることに合わすようにします。これは重要なコツです。

第二の焦点は、実現したい、達成したいというようにポジティブな面に合わすことです。自分にはできそうにない。無理だと思うと言ったネガティブな面に焦点を合わすと、できることでもできなくなります。人に2面性があることは仕方ないことですが、ネガティブな面が何かを成し遂げる勇気になることはありません。

ですから、焦点は、自分にできること、つまり主体性が自分にあることにポジティブに取り組むことにピントを合わせます。自分に主体性がないことにポジティブに取り組んでも、自分の主体性があってもネガティブに取り組んだらうまくいくはずがありません。ピント合わせましょう。

うまくやるには、もうひとつ重要なことがあります。

「出来るまであきらめない」という真理です。つまり、よくいう PLAN~DO~CHECK~ACTIONです。それは無理だという人もいます。出来るという人は「出来るまであきらめない」といいます。
難しい、できないという人は「うまくいかなかった」といいます。真実の答えはこの違いにあります。

できるまであきらめない人は、うまくいかなった経験をたくさんした挙げ句、できたと話しています。
うまくいかなかった人は、うまくいかないどこかであきらめています。

この違いはなにかと考えると結局、DOと BEの問題です。TO DO 自分はなにをするかに意識がある人と、TO BE 自分は何者であるかに意識がある人の違いだと分かります。
実際には何をするか、TO DO よりも、「何者であるか」 TO BE のほうが遥かに大切なのです。

どうしてかと説明すると、人は思ったようにうまくいかない、それが実現できない場合、あきらめやすくなります。あるいは他人や環境のせいにして、投げやりになり、いい加減に生きてしまう場合もあります。DOには主体性のないことに焦点を合わせてしまう危険があるのです。

しかしどのように生きるか、どのような人間であるか は自分の意思で自由に選択して、決めることができます。これがTO BE 人間力の強さなのです。やりたいことができないからといって決して投げ出すことはないのです。投げ出すことは自分の気持ちに反するからです。

目標を達成するのが自分に生き方だと考える人は、PDCA が生き抜くための知恵になります。水や太陽、食べ物に匹敵するエネルギーになります。うまくいくまで使い続けます。結果ではなくプロセスが大切だったとやがて知るようになります。

そうすると結果も良くなってくるから不思議です。人生って不思議です。常識的には悲しいと思える出来事が人生最高の幸せになることもあるのです。それこそがMEGA HAPPY♡

ライフスキル講座

ライフスキル講座

ライフスキル講座




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。