心身の健康から始まるワークライフバランス【ダイエット、恋愛相談、自己啓発、コミュニケーション】悩みを突破する自分らしいハッピー研究所<ゲンキポリタン>が毎日ハッピーを支援。






今すぐご登録くだささい。 【無料】ニュースレターで収益倍増情報をお届けします。

名前:
メール:
本文:



検索フォーム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロポーズの言葉



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

サカイミノル

Author:サカイミノル
マートワンは幸福生産性の向上で意欲的な会社づくりを支援するクレドの総合コンサルティング会社です。
夢を実現するヒント、逆境を乗り越えるヒント、自分を知るヒントもお伝えしています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


興味があると人生はこんなにも変わる
興味

興味があると、道は広がります。スキルを身につける機会が生まれ、自分が拡張する機会が生まれます。お年寄りは年々物事に興味を失い、それに合わせて、億劫になり、衰退していきます。興味はポジティブな感情の代表的なひとつです。

但し、興味にはある注意が必要です。
旅の本を読んでいると、仕事のことが気になり、仕事をしていると今夜のデイトのことが気になり、デイトを楽しんでいると旅のことが気になる。。。興味、関心がいまこの瞬間、それてしまっていることが少なくありません。興味があることが多いほど、気がそれる危険も増します。

「寝食を忘れて」という言葉があります。実際いまでも食事を忘れることはよくあります。みなさんも話し込んでいるとトイレに行くことを忘れることがあるでしょう。疲労さえ忘れてしまいます。それがアメリカの心理学者ミハイ・チクセントミハイが発見した「フロー」状態です。

フロー状態は我を忘れた状態ですが、逆にコントロールしている充実感を体感します。我を忘れて我を感じるという奇妙な状態です。つまりこれこそが本当の自分に出会った瞬間であり、この時ほど至福を体験することはないでしょう。

つまり幸福な時間を一秒でも多く持ちたいのなら、気をそらすことに時間を使うより、本当にやりたいことに時間を使うことです。「おたく」を批判的に語る人がいますが、熱中していたら「おたく」状態にならざるを得ません。作家はどうでしょう。仕事するには「おたく」状態にしないと仕事になりません。サッカー選手も屋外にいても心理的には作家と同じです。

フロー状態を作るトレーニングはこの繰り返しです。しかも出来ることではなく、いままでできないことでないと集中力は生まれません。「挑戦的な興味」に関わること。。。。これこそが幸福の絶対的な条件なのです。「挑戦的な興味」に挑戦していたら、他のことは「これでええねん」で片付くのです。

ライフスキル講座

ライフスキル講座
スポンサーサイト

初めて風に乗った日のこと
モデル

初めて車に乗ったことの時を覚えていますか?
いえ、おもちゃの車のことです。三輪車だってかまいません。
自分の力でハンドルを回せば、思うところに向かって行ったよろこび。
自分の胸の内で歓声があがった瞬間です。
あの感触を忘れているようなことはないか、自分に問いかけます。

ペラペラしてると、自分が行きたいところに向かって行く自由な風に触れたくなります。

ライフスキル講座




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。